政府の行為によって再び戦争の惨禍を繰り返さぬことを高らかにうたった日本国憲法が変えられようとしています。
安倍政権与党の自民党は、天皇主権、戦争放棄と戦力を持たないことを定めた9条を変え、国防軍の創設、海外で戦争できる国にするために「改憲」しやすいように96条を変えようとしています。
新婦人は1962年の創立以来、男女平等をうたい、基本的人権、主権在民、平和原則などを規定した日本国憲法を全ての生活の中でいかし、守る運動を広げています。
世界に誇る日本の憲法が危機にさらされています。平和憲法の基本を壊す「改憲」は許しません。憲法改悪に反対し、9条を守る運動にご協力ください。
*憲法を守る県内の団体
*宮城女性九条の会
〈事務局〉仙台市青葉区上杉2-1-10 仙台YWCA会館内
「九条の会」アピールに賛同する 「宮城女性九条の会」発足!

2005年4月「憲法9条を守りたい!」のアピールに賛同した宗教者、元教師、大学教授、医師、音楽家、女性団体など、様々な活動をされている女性たち49人の呼びかけで、8月20日発足し、記念講演会が開かれました。これまで、憲法講座を26回開催しています。

2012年

 5月 「憲法9条と沖縄~普天間・辺野古を考える」
 7月 「いま、どうなってるの?憲法を変える動きは」
 9月 「いま、どうなってるの?憲法を変える動きはパート2」
2013年 
 3月 「戦争を知らない方々に聞いてもらい-危険を増した憲法『改正』とは」
 5月 「世論はどのようにしてつくられるか-今、報道を考える」

1945年8月6日 広島に原子爆弾投下
   8月9日 長崎に原子爆弾投下
1954年3月1日 ビキニ環礁での水爆実験により第五福竜丸が被爆
   その後、水爆実験禁止の署名運動が全国に広がる
1955年8月 第1回原水爆禁止世界大会 開催 
ヒロシマ・ナガサキを忘れない

*毎月6日・9日の署名宣伝行動を各地で実施中


「署名にご協力ください」
ダウンロードできます↓


2011年原水爆禁止世界大会in長崎

成人式会場での署名行動

原水爆禁止国民平和大行進
北海道礼文島→東京コース

日本原水協のHPはこちら